『心臓ヨガ®︎』とは

- About Yoga and Heart Health -

心臓ヨガ®︎は、『心臓をとおして、自分とつながるヨガ』

 本来ヨガは、ポーズや運動のことではなく、生き方そのもののことを言います。

また心臓は命に直結する部位であり、心・精神と繋がりを持っています。 

 

心臓ヨガは“私らしさ”を大切にします。

“私らしさ”は物事に対する価値観や自分・他者と向き合う姿勢です。

これは、振る舞いや雰囲気として現れ、行動に影響を与えます。

 

心臓ヨガが目指すものは、“私らしく”1日1日を大切に生きるということです。

 

自分を抑えて周りの人に気を遣い続けることや、

期待に応えようと周りの人の目を気にしすぎることは心臓を弱らせてしまうのです。

また、自分を強く・大きく見せようと他者を批判・攻撃すること、他者の迷惑を気にかけずに自分の感情を表出し続けることは、心臓を強くし過ぎてしまい負担をかけます。

 

心臓が調和を失うと、心も不安定になりまし、心が不安定だと心臓も調和を失います。

このように心臓は、血液を送り出すポンプという重要な役割を持つ臓器であると同時に、

思考や感情といった精神活動とも密接に関わっています。

誰もが持つ【心臓】に意識を向ける

普段、心臓に意識をむけるのはどんな時ですか?

 

「緊張してたり焦ったりしてドキドキしているとき」

「仕事や家事・育児によるストレス、ホルモンバランスの乱れで動悸がするとき」

「全力で走った直後」

「不整脈や冠動脈ステント留置後の違和感を感じるとき」

 

こんなふうに心臓を感じるのは、

不調の時などネガティブさを感じる時という人が多いと思います。

 

心臓は私たちの意思で速さや強さをコントロールすることはできません。 

だから普段はなかなか意識をしないのですが、

心臓は心の動きをそのまま表します。

 

 

赤ちゃんがお母さんの心臓の音を聴くと、

落ち着くという話を聞いたことはありませんか?

 

実は赤ちゃんだけでなく、

私たちも胸に手を当てて心臓を感じて

今の気持ちや感覚に意識を向けることで

心を落ち着かせることができます。

 

心臓ヨガの3つの要素

心臓ヨガは、3つの要素から構成されています。

1つ目は心臓科学、2つ目は伝統的ヨガ、3つ目はポジティブヘルスです。

 

医科学・科学的な視点と根拠

伝統的に受け継がれている思想や哲学と実践

最新知見から得られるクリエイティビティとコンセプト

 

この3つの要素で、

人が“私らしさ”に気づき、受け止め、豊かな人生を生きるためのきっかけをつくります。