開発者プロフィール

秋山 綾子 / Ayako Akiyama

日本ポジティブヘルス協会 代表

金沢大学卒、北里大学大学院循環器内科学博士課程

理学療法士・医科学修士・心臓リハビリテーション指導士

- 理念

 

すべての人が

1秒でも長く "私らしく" 生きられる社会をつくる

- 経歴

 

福島県出身。

いわきで生まれ、喜多方で育ち、郡山にて安積高校を卒業。

 

16歳の冬にヨガと出逢い、身体だけでなく精神面への効果も実感する。

(高3の秋まで部活に取り組みながらも大学受験を乗り越えられたのは、恩師と同期とヨガのおかげ!!)

 

バスケットボール部・陸上競技部に所属していた時の負傷から "リハビリテーション" を知り、

金沢大学医学部保健学科にて理学療法学を専攻する。

 

リハビリテーション分野でのヨガの応用を目指し、在学中にヨガ指導者資格を取得。

その直後、兄が突然の心肺停止のため他界(享年23)。

心臓と命が直結していることを痛感し、【心臓】を専門とすることを決める。

 

 

心臓疾患およびヨガに関する情報を収集するなかで、

日本におけるヨガについての研究・エビデンスが非常に少ないことを知る。

自らその科学的根拠を検証するため、北里大学大学院医療系研究科へ進学。

『ヨガと心臓血管機能』について研究をおこなう(現在、循環器内科学博士課程)。

  

同時に、理学療法士として大学病院・心臓リハビリテーション室に勤務。

心筋梗塞/狭心症/心不全などの疾患をお持ちの患者さんへヨガを提供する。

 

発症直後〜自宅療養まで、さまざまな環境の患者さん方と接しながら、

「病気になってから ではなく、普段の生活の中から出来ることを」という想いを強く抱く。

  

2011年、3.11にて高校陸上部の先輩が津波で亡くなり「日々を大切に生きる」ことの価値を再認識。

復興支援団体を立ち上げ活動したこともきっかけとなり、ポジティブヘルスについて学びはじめる。

 

その後、アメリカで心臓病のためのヨガCardiac Yoga®を学び、日本人初の公認指導者となる。

また、インドで最も歴史のあるヨガ研究所Kaivalyadhama Yoga Instituteにて研修(2年連続)。

 

 

伝統的なヨガと医療職/研究者としての知識、ポジティブヘルスの考え方を融合させた

『心臓ヨガ®︎』をより広く伝えるため、2015年に独立起業。

2016年春、大学病院を退職。2017年より指導者養成講座をスタート。

 

「すべての人が1秒でも長く"私らしく"生きられる社会をつくる」を理念に、

東京を主拠点として、また、故郷・福島をはじめ全国各地にも赴き活動中。

 

心臓ヨガ®︎の指導および養成講座を中心に、

同志と共に日本ポジティブヘルス研究会・あいづ健幸スクールも運営。

 

- 保有資格など

 

・理学療法士(国家資格)

・医科学修士

・心臓リハビリテーション指導士

・Cardiac Yoga® Teacher

・インド中央政府認定ヨガ教師

・全米ヨガアライアンスRYT200 修了

・龍村ヨガ認定ヨガインストラクター

・Kaivalyadhama Yoga Institute プラーナヤーマ基礎コース 修了

・Kaivalyadhama Yoga Institute 腰痛緩和ヨーガセラピーコース 修了

 ほか 

- 活動実績 ※敬称略、順不同

 

・医療機関/学術団体

 北里大学病院、星総合病院、磐城中央病院、福井心臓リハビリテーション研究会、福井糖尿病シンポジウム、日本ヨガメディカル協会 ほか

・ヨガスタジオ等

 ポジティブヘルスアカデミー、Studio Takt Eight、Yoga & Forum Puzzle、TERASUヨガスタジオ、Yoga & Wellness Chandra、Hatimitu Garden、あいづ健幸スクール、いわきヨガサークル ほか

・学会発表

 日本心臓リハビリテーション学会:優秀ポスター賞受賞/若手優秀研究者賞ノミネート、ヨーロッパ心臓病予防学会 ほか

・共著

 『循環器ナースのための心リハこれだけ!マスター』メディカ出版・長山雅俊編著 第1章内「ヨーガを取り入れた心リハ」